小説「狐と狸の迷画座劇場」シリーズ(三冊セット)

小説「狐と狸の迷画座劇場」シリーズ(三冊セット)

  • 物販商品(自宅から発送)
    あんしんBOOTHパックで配送予定
    発送までの日数:7日以内
    ¥ 1,500

小説作品です。 初稿は2007年ごろでです。2108年に入ってからリメイクを加え、初期のテイストはそのままに、よりブラッシュアップしたものとして仕上げました。 「狐と狸の迷画座劇場(一)名探偵はいない」 「狐と狸の迷画座劇場(二)山陰道四谷怪談」 「狐と狸の迷画座劇場(三)男の純情(ある意味病的)」 の三部作セット販売になります。 (一)は単体で読める作品です。 (二)(三)は(一)から順番に読まないとわからない部分があります。 (三)で完結しています。 事件・怪奇・恋……問題ばかりのどうしようもない高校生たちの青春物語。 「狐と狸の迷画座劇場(一)名探偵はいない」 ~あらすじ~ 八神切人の属する映画研究部は廃部の危機に瀕していた。新入部員確保のため、後輩の黒木とともに自主映画を作ることにする。だが、ヒロインとして協力を仰いだ夏樹恵と、部長の烏丸には因縁があった。険悪な空気の中で始まった映画制作。第一日目に起こったのは、部長の首吊りだった――。いったい、何があったのか。真相へ向け物語の幕が開く。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 103ページ(本編のみ) 106ページ(目次・奥付込み) 「狐と狸の迷画座劇場(二)山陰道四谷怪談」 八神たち映研部は、ホラー映画を作ることにする。夏樹の属する美術部の顧問・城戸も加わりいよいよ撮影が始まった。旧校舎の開かずの間、首なしマリア像の夜泣きなど、実際の噂をモチーフに着々と撮影を進める。事件が起きたのは人魚伝説のある栗島神社でのことだった。八神の前にソレは現れた。盂蘭盆の夜に語られる悲劇は、過去から今へと繋がる。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 126ページ(本編のみ) 130ページ(目次・奥付込み) 「狐と狸の迷画座劇場(三)男の純情(ある意味病的)」 上記の続編。八神と夏樹の関係はどう収束するのか――。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 152ページ(本編のみ) 156ページ(目次・奥付込み) ※実物と写真には色味に若干の差異がある場合がございます。 ※冊子によって裏表紙にわずかですがインク汚れがある場合がございます。これは制作の過程で生じるものです、ご了承くださいませ。 ※乱丁・落丁本はお取替えいたします。奥付に載っているメールへご連絡ください。 一冊ずつOPP袋で密閉し、プチプチでくるみ発送します。 ★BOOTHでのご購入者特典として、以下をお付けします。 1イメージ画像(作中空間を表現した写真、作中シーンのイラスト) 2あとがき 以上をPDFファイルにまとめています。購入するとダウンロードが可能です。 想像のお邪魔になるようでしたら開かずお好きにしてくださいm(__)m

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

小説作品です。 初稿は2007年ごろでです。2108年に入ってからリメイクを加え、初期のテイストはそのままに、よりブラッシュアップしたものとして仕上げました。 「狐と狸の迷画座劇場(一)名探偵はいない」 「狐と狸の迷画座劇場(二)山陰道四谷怪談」 「狐と狸の迷画座劇場(三)男の純情(ある意味病的)」 の三部作セット販売になります。 (一)は単体で読める作品です。 (二)(三)は(一)から順番に読まないとわからない部分があります。 (三)で完結しています。 事件・怪奇・恋……問題ばかりのどうしようもない高校生たちの青春物語。 「狐と狸の迷画座劇場(一)名探偵はいない」 ~あらすじ~ 八神切人の属する映画研究部は廃部の危機に瀕していた。新入部員確保のため、後輩の黒木とともに自主映画を作ることにする。だが、ヒロインとして協力を仰いだ夏樹恵と、部長の烏丸には因縁があった。険悪な空気の中で始まった映画制作。第一日目に起こったのは、部長の首吊りだった――。いったい、何があったのか。真相へ向け物語の幕が開く。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 103ページ(本編のみ) 106ページ(目次・奥付込み) 「狐と狸の迷画座劇場(二)山陰道四谷怪談」 八神たち映研部は、ホラー映画を作ることにする。夏樹の属する美術部の顧問・城戸も加わりいよいよ撮影が始まった。旧校舎の開かずの間、首なしマリア像の夜泣きなど、実際の噂をモチーフに着々と撮影を進める。事件が起きたのは人魚伝説のある栗島神社でのことだった。八神の前にソレは現れた。盂蘭盆の夜に語られる悲劇は、過去から今へと繋がる。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 126ページ(本編のみ) 130ページ(目次・奥付込み) 「狐と狸の迷画座劇場(三)男の純情(ある意味病的)」 上記の続編。八神と夏樹の関係はどう収束するのか――。 文庫本サイズ・カバーなし・前編モノクロ・挿絵なし 152ページ(本編のみ) 156ページ(目次・奥付込み) ※実物と写真には色味に若干の差異がある場合がございます。 ※冊子によって裏表紙にわずかですがインク汚れがある場合がございます。これは制作の過程で生じるものです、ご了承くださいませ。 ※乱丁・落丁本はお取替えいたします。奥付に載っているメールへご連絡ください。 一冊ずつOPP袋で密閉し、プチプチでくるみ発送します。 ★BOOTHでのご購入者特典として、以下をお付けします。 1イメージ画像(作中空間を表現した写真、作中シーンのイラスト) 2あとがき 以上をPDFファイルにまとめています。購入するとダウンロードが可能です。 想像のお邪魔になるようでしたら開かずお好きにしてくださいm(__)m